DSC00616.JPGムザブ渓谷 ガルダイヤのスーク

ALGERIA

DSC00278.JPGアルジェ メルハバ 日本の6倍 アフリカNo2 3300万人、首都アルジェに300万人 イスラム教スンニ派が大半 フランスから独立は1962年7月5日 石油、天然ガスDSC00280.JPGアルジェ 中央郵便局 フランス統治時代の建物 ムーア様式DSC00283.JPGアルジェ 郵便局内 DSC00284.JPGDSC00304.JPGティパザ遺跡近く マウレタニア王家の墓 前1世紀
DSC00318.JPGシェルシェル フェニキア人によって造られた港町  水の流れる音の意DSC00328.JPGDSC00343.JPGティパザにてDSC00348.JPGティパザ 前7世紀地中海交易でカルタゴが造った衛星都市DSC00357.JPGティパザ 前7世紀地中海交易でカルタゴが造った衛星都市
DSC00374.JPGアルジェ カスバにてDSC00379.JPGアルジェ カスバ 世界遺産 アラビア語で「城壁に囲まれた地域」 1529年オスマン帝国総督が赴任し、主役の海賊が得た身代金で巨富を築く。 19〜20世紀フランスにより大半が破壊 地中海DSC00381.JPGDSC00406.JPGDSC00383.JPG
DSC00391.JPGアルジェ カスバ 正式名称「アル・ジャザーイル・ベヌー・メズハンナ」島々の意。「望郷」1937の舞台。1966「アルジェの戦い」DSC00398.JPGDSC00401.JPGDSC00405.JPGDSC00412.JPGアルジェ カスバ エルクビール・モスク アルジェ最大のモスク
DSC00423.JPGアルジェ カスバ マルチール広場からケチャワ・モスクのミナレット 1794建造DSC00433.JPGDSC00458.JPGアルジェ最大のキリスト教寺院  ノートル・ダム寺院 ノートル・ド・アフリク 1872建造DSC00463.JPGDSC00474.JPGアルジェ 殉教者のモニュメント アラビア語で「マカム・シャヒド」
DSC00486.JPGジャネット 大半がトアレグ族  タッシリ・ナジェール トアレグ語で水流の多い台地 ホテル テレネ・ビレッジ リビア国境まで80KmDSC00491.JPGジャネットDSC00495.JPGDSC00494.JPG

DSC00501.JPGジャネット タッシリ・ナジェール 前8000〜紀元前後の岩絵 イムルデン(四つん這い)・ポイント前6000年 この地が緑豊かな大地であったDSC00508.JPGジャネット タッシリ・ナジェール クスクス、サラダDSC00517.JPGジャネット タッシリ・ナジェール 象の岩DSC00526.JPGイリジ タッシリ・ナジェール ガラマント人の墓 前8000年から6世紀までDSC00528.JPG
DSC00536.JPGジャネット タッシリ・ナジェール テララガット・ポイント 前8000年 嘆きの牛 線刻画DSC00545.JPGDSC00551.JPGアルジェの港DSC00552.JPGアルジェ市街DSC00568.JPGガルダイヤ エル・ジャヌーブホテル 前の建物
DSC00573.JPGDSC00581.JPGDSC00587.JPGガルダイヤ ムザブ渓谷 11世紀初めベルベル人の一部族であるムザブ族はエル・アーティフ、メリカ、ブー・ヌーラ、ガルダイヤ、ベニ・イスゲンの5つの街を建設したDSC00592.JPGガルダイヤ メリカの15世紀の聖人シディ・アイサの墓。この女王はムダブ地方を統治していた。DSC00595.JPG
DSC00615.JPGガルダイヤのスーク ムザブ最大の市場DSC00617.JPGDSC00620.JPGDSC00621.JPGDSC00625.JPG
DSC00626.JPGDSC00627.JPGDSC00637.JPGDSC00644.JPGガルダイヤ エル・アーティフDSC00648.JPG
DSC00652.JPGDSC00655.JPGDSC00666.JPGDSC00673.JPGDSC00677.JPGガルダイヤ  エル・アーティフ ル・コルビジェも愛したイスラムモスク 12世紀建造のシディ・ブラヒム・モスク
DSC00680.JPGDSC00688.JPGDSC00696.JPGガルダイヤ エル・アーティフDSC00711.JPGガルダイヤ ベニ・イスゲンDSC00719.JPG
DSC00735.JPGDSC00824.JPGポルジ・プー・アレリッジ ベニハマッド 世界遺産 オウェルド・フラッジ盆地にある要塞都市 1007年ハマッド朝 ベニ・ハマッドの織物職人や仕立職人の手にかかった着物はジッダ(サウジアラビア・メッカ近郊の都市)のものより数段すぐれているDSC00847.JPGDSC00874.JPGミーラ ジェミラ(美しい)遺跡 世界遺産 古くは「クイクル」と呼ばれた レプティス・マグナ出身のセプティミウス・セウェルス帝の保護を受け、息子カラァラ帝は凱旋門を造り両親を称えた。モザイクは綺麗。DSC00877.JPG
DSC00879.JPGDSC00919.JPGDSC00927.JPGDSC00930.JPGコンスタンチン郊外 ティディス遺跡 ベルベル人の集落をローマ人が発展させた。多くの建物は3世紀DSC00976.JPGコンスタンティーヌ シディ・ムシッド橋 1912建造 全長168m 谷底から175mと一番高い
DSC00986.JPGDSC00988.JPGDSC01011.JPGコンスタンティーヌ ホテル シルタ内DSC01024.JPGコンスタンティーヌ ホテル シルタDSC01030.JPG
DSC01039.JPGウンム・エル・ブアーギ  セブカ塩湖DSC01042.JPGパトナ  メドラセン王の墓 前6〜前4世紀頃DSC01066.JPG兵士の落書き「狩りをして、風呂に入って、戯れて、大笑いする。これぞ人生」 DSC01070.JPGパトナ ティムガット遺跡 紀元1世紀トラヤヌス帝時代に退役軍人のために建設されたローマ植民市。 アフリカのポンペイと呼ばれる。 東西に走るデクマヌスDSC01081.JPGパトナ ティムガット遺跡 紀元1世紀トラヤヌス帝時代に退役軍人のために建設されたローマ植民市。 アフリカのポンペイと呼ばれる。 3500人収容の円形劇場
DSC01087.JPGパトナ ティムガット遺跡 紀元1世紀トラヤヌス帝時代に退役軍人のために建設されたローマ植民市。 アフリカのポンペイと呼ばれる。 南北に走るカルドからトラヤヌス帝凱旋門を見る