DSC02403.JPGアラヴェルディ  アフパト修道院

ARMENIA

DSC02394.JPGアルメニア入国 アルメニア側入管 ハイク(ノアの曾孫)の国ハヤスタン ガイドはハルテュニャン・ワルヂテルさん 通称バラさんDSC02398.JPGアラヴェルディという地域 アフパト修道院 アフ(強い)パト(壁) 9世紀にスヌプ・ヌシャン(聖十字架)大聖堂が建てられ13世紀までに図書館等も建てられた 穴の中に本を隠していたDSC02401.JPGDSC02405.JPGDSC02412.JPG
DSC02415.JPGDSC02438.JPGDSC02440.jpgアフパト修道院から谷ひとつ越えたサナヒン修道院 サナヒン(これより古い)DSC02441.JPGDSC02443.jpg
DSC02445.JPGDSC02450.JPGDSC02464.JPGDSC02482.JPGセヴァン湖へ向かう途中のモーテルでDSC02486.JPGセヴァン湖畔のセヴァン教会
DSC02492.JPGセヴァン湖DSC02518.JPGDSC02522.JPGアルメニアの母の像 no war公園 ミサイル ミグ戦闘機 戦車DSC02529.JPGカスケード 様々な博物館がある 近年の名所DSC02531.JPG
DSC02533.JPGDSC02535.JPGDSC02537.JPGカスケードよりアララト山DSC02543.JPGDSC02550.JPG古文書館マテナダラン 古いもので5世紀の書物が保管されている 赤色は赤虫、青はラピスラズリ、黄色は金、黒はクルミ アフパト修道院図書室の床に埋められていた本も保管
DSC02551.JPGDSC02554.JPGアルメニア歴史博物館と共和国広場DSC02557.JPGDSC02570.JPGリプシマ教会 ローマ時代ローマからやってきた美女リプシマがこの地で宣教、ローマ王に求婚されたが拒否したため殺されてしまった彼女のために建造DSC02576.JPG
DSC02577.JPGDSC02579.JPGDSC02587.jpgDSC02602.JPGリプシマ教会で結婚式が行われていましたDSC02606.JPG
DSC02619.JPGDSC02620.JPGDSC02623.JPGDSC02626.JPGDSC02634.JPG
DSC02637.JPGDSC02638.JPGエチミアジン大聖堂 全世界のアルメニア人、アルメニア教徒にとっての総本山DSC02640.JPGズヴァルトノツ大聖堂跡 3階立てだったが現在は柱のみ ヘレニズム文化の影響を受けた聖堂DSC02655.JPGDSC02660.jpg
DSC02664.JPGDSC02679.JPGDSC02684.JPGガルニ神殿 紀元前1世紀の太陽神殿 アルメニアで唯一残るヘレニズム文化の影響を受けた神殿DSC02688.JPGDSC02689.JPG
DSC02692.JPGアルメニアは世界一美女が多いことで有名DSC02693.JPGDSC02694.JPGDSC02696.JPGDSC02703.JPG
DSC02707.JPGゲガルド修道院 半分石造り半分岩作り 修道士のための修道院 4つの宗教を表すものがあるキリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教すべての宗教の争いがあってはならないという意味を込めているDSC02715.JPGDSC02716.JPGDSC02717.JPGDSC02734.JPG
DSC02744.JPGエレヴァン発祥の地 エレブニの丘からエレヴァン市内 紀元前782年に古代ウラルトゥ国の王様アルギシュティ1世がここに要塞を築くDSC02753.JPGアララト山に一番近い修道院 ホルヴィラップ修道院 ホル(深い)ヴィラップ(牢獄) 聖グレゴリウスがアルメニア王に内緒で宣教していたことから幽閉された場所でもある。アルメニア王は病気になり豚の姿になってしまった。彼の妹はグレゴリウスを解放しキリスト教に改宗すれば病気が治る夢を見た。そうすると病気は治った。アルメニアはキリスト教国となった。DSC02757.jpgDSC02760.JPGDSC02764.JPG
DSC02765.JPGDSC02778.JPGガイドのバラさん