DSC00983.JPG

マケドニア・オフリド湖上からみる聖ヨハネ・カネオ教会

MACEDONIA ALBANIA

マケドニア旧ユーゴスラヴィア共和国 面積 九州の約三分の二 人口202万人首都スコピエ 共和制 マケドニア人が半数以上次いでアルバニア人トルコ人 マケドニア正教が7割 他イスラム教3割 マケドニア語、アルバニア語トルコ語を話す人も多い。文字はキリル文字

マケドニアとはマケドニア共和国に加えギリシャの内陸部とブルガリアの西部を含んだ広域な地域名で、特にギリシャでは古代アレキサンダー大王の帝国を連想させることからマケドニアという名称を使っていることにギリシャなど他国が強い嫌悪感を示している。 マケドニア人は民族的にブルガリア人であるとの認識が広く持たれている。

DSC00725.JPGSKOPJE ALEXANDER THE GREAT AIRPORTDSC00751.JPG
DSC00752.JPGスコピエ博物館(旧鉄道駅)DSC00758.JPGマケドニア通り 歩行者天国DSC00759.JPGマケドニアの首都スコピエは正教系の教会やイスラム寺院、旧共産主義国らしい無機質な建物が建ち並ぶ雑然とした町DSC00771.JPGマザーテレサ記念教会DSC00764.JPG
DSC00763.JPGDSC00772.JPGDSC00775.JPGDSC00781.JPG凱旋門DSC00784.JPG市内至る所に、また国中にモニュメント
DSC00786.JPGDSC00789.JPGDSC00791.JPG郵便局裏側DSC00793.JPGスコピエ オスマン朝時代の石橋カメン・モストDSC00795.JPG
DSC00796.JPG水面から足先が出ている!DSC00797.JPG石橋カメン・モスト ヴァルダ川のモニュメントDSC00800.JPGDSC00801.JPGDSC00803.JPG
DSC00804.JPGマケドニア広場 アレキサンザー大王とヴォドノ山のミレニアムクロスDSC00805.JPGDSC00811.JPG11世紀城塞跡DSC00813.JPGDSC00814.JPGアートギャラリー(もともと15世紀のトルコ浴場ダウト・パシナ・ハマム)
DSC00816.JPGオールドバザールDSC00820.JPGDSC00822.JPGDSC00823.JPGDSC00825.JPG
DSC00829.JPG聖スパス教会 18世紀前半 多くのイコンがはめ込まれた壁イコノスタスは木彫芸術の最高峰DSC00831.JPGDSC00834.JPGDSC00835.jpgDSC00846.jpgムスタファ・パシナ・ジャミーヤ 1492年イスラム寺院
DSC00844.JPG11世紀城塞跡DSC00851.JPGDSC00855.JPGオスマン朝時代の隊商宿クルシュムリィ・ハンDSC00857.JPGDSC00862.JPG
DSC00863.JPGDSC00865.JPGDSC00867.JPGDSC00868.JPGDSC00871.JPG
DSC00872.JPGDSC00876.JPGChifte HamamDSC00877.JPGDSC00878.JPGDSC00892.JPG
DSC00898.JPGDSC00922.JPGDSC00951.JPGオフリド スラヴ世界におけるキリスト教文化の中心地として栄えた。昔は365もの教会があった。世界遺産DSC00952.JPGDSC00955.JPG
DSC00956.jpgDSC00959.JPGDSC00962.JPGDSC00970.JPGDSC00974.JPGオフリド湖(面積348㎢)約四分の一がアルバニア領になる国境の湖。湖畔には2764mのコラブ山等、高峰が連なる。
DSC00976.JPGst.Kliment Ohridski オフリド湖遊覧乗場DSC00978.JPGsaints cyril & methodiusDSC00981.JPGサミュエル要塞 10世紀末から11世紀初めDSC00983.JPGDSC00984.JPG聖ヨハネ・カネヨ教会
DSC00985.JPGSt. Jovan KaneoDSC00987.JPGDSC01005.JPGSveta Bogorodica BolnickaDSC01007.JPGトルコ様式DSC01010.JPG19世紀貿易商ロベヴィRobevciの屋敷を利用した国立博物館 出窓がはみ出た伝統的建築
DSC01011.JPG手漉き紙屋DSC01012.JPGDSC01017.JPGDSC01018.JPGDSC01023.JPG聖ソフィア大聖堂 11世紀建造オスマン朝時代イスラム寺院に転用、フレスコ画は塗りつぶされたが第二次世界大戦後キリスト教会、フレスコ画も復旧された
DSC01029.JPG古代劇場 紀元前2世紀DSC01034.JPGDSC01037.JPG聖ディミトリヤ教会 St.DemetriusDSC01036.JPGDSC01039.jpg
DSC01041.JPG聖クリメント教会とイコン博物館 13世紀末創建(もとは聖マリア教会)Sv.Bogorodica Perivleptos(マケドニア語ラテン文字)Church of The Holy Mother of God Perivleptos(英語)DSC01042.JPGDSC01040.JPGDSC01047.JPGDSC01056.JPG初期キリスト教のバシリカ(列柱廊) 5世紀のもの 発掘調査中 聖パンテレモン教会 St. Pantelejmon
DSC01060.JPGDSC01061.JPGMonastery of St.Kliment of Ohrid and St. Pantelejmon 2002年再建DSC01062.JPG外壁画 左は聖クレメント 右は聖パンテレイモン 聖パンテレイモンは医者だったので必ず薬箱を持っているDSC01058.JPGDSC01054.JPG
DSC01071.JPGDSC01077.JPGDSC01081.JPG

アルバニア共和国 面積四国の約1.5倍 人口313万人 首都ティラナ 共和制 アルバニア人が大多数イスラム教7割 アルバニア正教2割 カトリック1割 いずれも戒律は緩やかで共産主義時代は一切の宗教活動を禁止されていたため現在も特定の宗教を持たない人が多い。

DSC01093.JPGアルバニアへ陸路入国 tushemisht

鎖国政策をとってきたアルバニアはヨーロッパで最も謎に満ちているといわれる国。長い間ベールに包まれてきたその姿はまさにバルカンの秘境と呼ぶにふさわしい。 アルバニア人は8世紀にスラヴ民族がバルカン半島に移住してくる以前にこの地に広く住んでいたイリュリア人の末裔といわれている。ローマ帝国、ビザンツ帝国、ブルガリア帝国、セルビア帝国、オスマン朝、と常に大国の支配を受け続けてきた。1997年のネズミ講事件により経済が破綻、国中が大混乱に陥った。

DSC01095.JPGゴミとトーチカの国アルバニアなんて呼ばれたりします

DSC01109.JPGDSC01132.JPGアルバニア コルチャ
DSC01137.JPGアルバニア コルチャ大聖堂DSC01138.JPGDSC01146.jpgDSC01147.JPGDSC01149.JPG
DSC01150.JPGDSC01151.JPGDSC01161.JPGコルチャの市場DSC01162.JPGDSC01163.JPG
DSC01195.JPGエルバサンの町DSC01211.JPGDSC01215.JPGDSC01219.JPGDSC01235.JPGテペレナの城塞
DSC01238.JPGDSC01242.JPG

ジーロカストラ(ギロカスタル)ドリノ川渓谷を見下ろす山裾に開けた町。オスマン朝の統治時代はアルバニアの南部の行政、通商の中心として栄え多くの邸宅が建てられた。世界遺産

DSC01261.JPGジーロカストラDSC01253.JPGジーロカストラの町
DSC01256.JPGジーロカストラの城塞DSC01259.JPGDSC01262.JPGDSC01272.JPGジーロカストラ石葺き屋根の旧市街DSC01264.JPG
DSC01265.JPGジーロカストラ城内 軍事博物館DSC01268.JPGDSC01274.JPGDSC01279.JPG時計塔DSC01275.JPG
DSC01282.JPGDSC01286.JPGDSC01287.JPGDSC01288.jpgDSC01292.JPG
DSC01312.JPGサランダ ギリシャ・ケルキラ島が近くに見えるDSC01302.JPGサランダ イオニア海に面した港町 アルバニアのビーチリゾートDSC01315.JPGサランダ ギリシャ・ケルキラ島(英語名コルフ島)が近くに見えるDSC01317.JPGサランザのギリシャ聖堂とモニュメントDSC01320.JPG
DSC01329.JPGブトリントのムール貝の養殖DSC01337.JPGブトリント ケーブルフェリーDSC01340.JPGブトリント遺跡 世界遺産 ビザンツ、オスマン朝、ヴェネツィア共和国様々な支配者の元で建造された建物が残っているDSC01346.JPGブトリント遺跡 劇場跡DSC01348.JPG洗礼堂跡 6世紀
DSC01351.JPG大聖堂跡DSC01355.JPGライオン門DSC01357.JPGDSC01360.JPGギリシャ コルフ島に向けた大砲DSC01361.JPG博物館
DSC01394.JPGアリ・パシャ・テペレナ城18世紀 奥さんのために造った  イオニア海に面しヒマラ町近くDSC01404.JPGDSC01438.JPGDSC01448.JPGDSC01451.JPG
DSC01453.JPGフィエルの町DSC01460.JPGベラット城塞 世界遺産DSC01461.JPGDSC01468.JPGDSC01470.JPG
DSC01475.JPGオノフリ・イコン博物館の塔DSC01477.JPGDSC01479.JPGDSC01481.JPGDSC01482.JPGShen Meria Vllahema-The church of Saint Mary Blachernae 13-14世紀
DSC01485.JPGDSC01486.JPG

DSC01487.JPGShen Meria Vllahema 内部フレスコ画DSC01488.JPG
DSC01489.JPGDSC01490.JPGDSC01492.JPGDSC01496.JPGShen Meria Vllahema裏側の彫像DSC01501.JPG
DSC01497.JPGDSC01514.JPGベラット Gorica Bridge 1780建造DSC01515.JPGベラット オスマン朝時代の町並みを今に伝える 「千の窓を持つ町」と呼ばれるDSC01517.JPGDSC01521.JPG
DSC01525.JPGDSC01528.JPGベラット18世紀の石橋DSC01559.JPGDSC01560.JPGティラナ・マザーテレサ国際空港前DSC01563.JPG空港近く山上 Preza castle
DSC01566.JPGクルヤのジョージブッシュ大統領DSC01604.JPGクルヤDSC01573.JPGクルヤのスカンデルベグ騎士像DSC01577.JPG英雄スカンデルベグが死守したクルヤ城DSC01584.JPG
DSC01587.JPGクルヤのバザールはアンティックも有り、店・品数も豊富DSC01582.JPGDSC01590.JPGDSC01589.JPGDSC01606.JPG
DSC01607.JPGDSC01588.jpgDSC01593.JPGDSC01595.JPGDSC01600.JPG
DSC01603.JPGDSC01602.JPGクルヤの町

DSC01620.JPGドゥラスの鉄道DSC01636.JPGドゥラスのムヨ・ウルクィナクの像
DSC01637.JPGドゥラスのベネチアンタワーDSC01638.JPGドゥラスの起源は紀元前7世紀ギリシャ人の植民市までさかのぼる。バルカン半島を横断するエニャティア街道の起点として重要な役割を果たした。現在も重要な港町DSC01640.JPG円形劇場跡DSC01639.JPGドゥラスの円形劇場跡内のモザイク画DSC01651.JPGティラナ・インターナショナルホテルより
DSC01533.JPG首都ティラナは17世紀オスマン朝の領主スュレイマン・パシャによって築かれた町DSC01556.JPGDSC01656.JPGタバカヴェ橋 オスマン朝時代DSC01679.JPGDSC01684.JPG
DSC01686.JPGDSC01689.JPGティラナ・マーケットDSC01692.JPGDSC01693.JPGDSC01694.JPG
DSC01695.JPGDSC01698.JPGDSC01553.JPG

DSC01716.JPGスカンデルベグ広場
DSC01717.JPG文化宮殿 Palace of Culture (オペラハウス)DSC01554.JPG国立歴史博物館DSC01535.JPGジャーミア・エトヘム・ベウト(エザム・ベイ・モスク)と時計塔 スュレイマン・パシャの子孫により1793年から1821年にかけて建造。塔は1928年建造DSC01670.JPGDSC01725.JPG
DSC01545.JPGDSC01547.JPGDSC01703.JPGDSC01702.JPGDSC01549.JPG
DSC01552.JPGDSC01544.JPGDSC01538.JPGゾグー1世大通りDSC01551.jpgDSC01727.jpg国立劇場
DSC01736.jpgDSC01733.JPGトーチカDSC01734.JPGDSC01737.JPGDSC01739.JPGマザーテレサ大学
DSC01744.JPGティラナ・マザーテレサ国際空港